FC2ブログ

Welcome to my blog

Fetishism Time

Archive: 2016年05月

READ MORE

See more details

茜Ⅳ 7

Comment  2
セクシーなランジェリーを見せたくて菱形縛りのみでしたが、それに後手縛りをプラスして茜さんの両手の自由を奪います。ベッドの上でヒールを履いたまま佇む姿は、まさに妖艶です。女性の柔肌に喰い込む麻縄。これぞ緊縛の醍醐味とでも申しましょうか、この姿を見たくて緊縛を続けているといっても過言ではありません。そして、他人の奥様を自分の好きに縛りあげるという背徳感が私を興奮させてくれます。★モデルさん募集中です★緊...

READ MORE

See more details

茜Ⅳ 6 intermission

Comment  4
『Give one's heart to Bondage』縄で縛りたい男がいるそして、縄で縛れたい女がいるつまりは利害の一致というやつだ特別な関係を持つ訳ではなくただ々縛りを楽しみたいだけだ だからそこに愛は無いお互いの好奇心そして性癖を満足する為のそういう行為だしかし、そんな非現実な空間に至ると架空ではあるが主従関係の気分になるそんな微妙で曖昧な時間にお互いの妄想を貪り合うひと時の世間を忘れる大人の遊び……★モデルさん募集中...

READ MORE

See more details

茜Ⅳ 5

Comment  2
すいません!またまた足中心画像です!(笑)だってめちゃくちゃ撮影してしまったのですよー載せなきゃ損かなーて思って。これでも相当悩んだ上でかずを絞りこんだんです。今回のは足中心というよりも、ヒール中心ですね。私はあまりブランドとか詳しくないのですが、有名ブランドのヒールだそうです。確かに素敵なデザインと型のヒールです。最後にヒールの裏…(笑)でも、その奥のピンをボカした茜さんの姿が妖艶に見えています...

READ MORE

See more details

茜Ⅳ 4

Comment  0
足フェチの性でしょうか…ヒール中心に撮りまくってしまいました(笑)でも、その奥に見える茜さんのヒップ、そして縄が這う股間が妖しく存在しています。くっきりと浮きたつ網タイツの足にヒールを履く姿…堪りません!マニアックと言われるかもしれませんね。でも、緊縛事態が既にマニアックですからねープラスαてことで。ヒールにピンを当て、奥をぼかして撮影してみました。そのことによってヒップや股縄がよけいに妖しくなって...

READ MORE

See more details

茜Ⅳ 3

Comment  4
私としたことが…大きなミスを犯すところでした。この日、茜さんは素敵なヒールで来ていただいていたのです。この姿にヒールを併せなくてどうする⁉︎ 足フェチと豪語する私の痛恨ミスです。と…いうことでヒールを入り口から持ってきて履いてもらうことにしたのですが…「あ!そのまま!そのまま!」履いていただく姿から撮影を続行しました。脱ぐとは逆の行為なのに、そこに色気を感じてしまいました。最後のアイテムの装着で茜さん...

READ MORE

See more details

茜Ⅳ 2

Comment  4
今回の衣装は茜さんからの提供です。とてもセクシーな装いで、まるで男を誘惑するかのような印象をもってしまいます。いったいこの姿を誰の前で披露するのでしょう…。ご主人の前でとは思えません。こんな過激とも思えるような姿は、きっとご主人以外の男性だと思ってしまいます。しかし、訊ねてみても茜さんはただ微笑んでその答えは言ってくれません。益々、ミステリアスで美熟女な茜さんです。★モデルさん募集中です★緊縛に興味...

READ MORE

See more details

茜Ⅳ 1

Comment  4
今や当ブログのエース的存在となりました茜さん投入です。昨年、着衣緊縛を披露させていただきましたが今回のシリーズはセクシーランジェリー姿となります。黒をベースに赤の模様が入ったビスチェに黒のガーターと網タイツ。その姿ををお見せしたくて、まずは身体に簡単に菱形縛りです。★モデルさん募集中です★緊縛に興味があるのに躊躇してしまっている女性の方。彼女や奥様が緊縛されてる姿を見たいというカップルさん・ご夫婦さ...

READ MORE

See more details

春菜Ⅱ 9

Comment  2
春菜さんの第2シリーズもこれでラストになります。ラストはソフトフォーカス調に加工した画像でお送りします。撮影の中で一瞬ではありますが、春菜さんが身悶えした姿がありました。その姿を撮り逃すことなく抑えました。縄の感触に興奮したからでしょうか…それとも私は卑猥な言葉を投げかけたからでしょうか…春菜さんは身悶えし、身体の仰け反らせました。きっと普段…いえ今までに味わった感覚に戸惑ってしまったのでしょう。そん...